« 大画面でエーッス!!! | トップページ | 突発 »

2006年1月26日 (木)

続編の意義

kyarason んー、なんやら管理局さんが停滞しとる~。

体調崩したんかなー?

と思ったら体壊しとった;お大事に~。

という訳で今日は続編についてのお話。

単刀直入にいうと第三期を作るなら必ず

第二期を超えるモノを作って欲しい!!

逆を言うと第一期・第二期を超えない様なモノなら例え「なのは」の続編といえど作って欲しくは無い。

それ程までに無印からA'sにかけての構成は素晴らしかった!

(この考察については『あんのん』プログ・HINAKAの想い入れ日記です!) 『魔法少女リリカルなのはA’s』最終回・「スタンバイ・レディ」!が詳しい)

次回作により面白くなって欲しいと願うのはさも当たり前の話だが、簡単な話「なのは」は今回のA'sによって完結といってさしつかえない大団円を迎えた様に思える。

単純な話「続きに繋がる話」が無いのである。あるのはこれからの新しい話新しい展開だ。

そこで忘れてはならないのは無印・A'sと人気を裏付ける要因にもなった「魔法少女には似つかわしくない重厚なストーリー展開」である。

又、第二期が作られたのも何よりなのはを始めとした本作の根底テーマ『それぞれの未来』というものが第一期において完結していなかった事が大きいと思う。

そこで第二期のラストである。

6年後・・・それぞれの道を歩み始め将来への展望もしっかり見据えることの出来るようになったキャラ達。

続編を考えるにあたってコレ程やりにくい状況は無いだろう!

も、とにかく終わっているのだ。そりゃ、彼らのコレからを描こうと思えば描けるだろうが「それぞれの未来のために戦う」といったテーマを超えるのはかなり難しい事だと思う。

又、私達が観たい『第三期:なのは』もその難関を乗り越えたストーリーのはずである。

・・・・・しかし、なんやかんや言っときながら私は信じている、そんなストーリーが観れる何時かを。

元来魔法少女において考えられなかった様々な試み、それらを生み出してきた都築真紀/ivoryはじめセブンアークス スタッフ。

彼らが挑戦を諦めない限りその何時かはきっとそう遠くは無いはずだから。

何てな。

|

« 大画面でエーッス!!! | トップページ | 突発 »

コメント

はははwww、君は何を言っているんだ?

投稿: 女装少年専門サークル管理人つかもと | 2006年2月 2日 (木) 22時10分

 ユーノ可愛ですなー、新たなヒロイン誕生ですか。
 で、スカートはいてる?!と言うことはついてない???

投稿: 学天則 | 2006年1月28日 (土) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128685/8364347

この記事へのトラックバック一覧です: 続編の意義:

« 大画面でエーッス!!! | トップページ | 突発 »