« SIN | トップページ | アクセスにあくせす »

2005年11月16日 (水)

鉢合わせの奇跡

d4koma『ときめきセンチメンタルAIRを望むトゥルーハートメモリアルはお姉さまに恋してる』

第一話「ドキッ、チカン男は転校生!の巻」

私、杉崎 苺は今大変ピンチです。

すがすがしい4月の朝、今日から新しい学期中学最後の年の始まり気を引き締めて行かなくっちゃ

・・・・て思ってたのにいきなりの大遅刻のピンチなんです!!

せっかくお母さんの作ってくれたスクランブルエッグやサラダに手をつける余裕もなくパンだけくわえて一目散に走り出す。

「んも~、はじめっからチコクなんてサイアク千佳(妹)ったらもっと早く起こしてくれたっていいのに~っ!!」

そんな風にぼやきながら長い坂を下って角を曲がろうとした瞬間・・・・・

『うわっ!』「きゃっ」ドッシーン!!

「痛たた、ちょっとどこ見てあるってんのよ!」

「おいおい、走ってぶつかって来たのは君のほうだろ;相手が僕じゃ無く車だったら大事故になってたところだぜ」

ここら辺では見かけないブレザーの制服を着た男の子がちょっと困ったように前に立っている。どうやらこの人に曲がり際ぶつかってしまったようだ

「~、ご、ごめんなさい;ちょっと急いでたのよ・・」

「ま、いいけどサ。それより怪我は無いかい?いちごちゃん♪

「いちごちゃん?」(なんで私の名前知って・・・)

差し伸べられた手から視線を彼の見ている方向にあわせるとそこには私のお気に入りのいちごのパンティーがあらわになっていた。

「ちょっ、どこ見てんのよ!!エッチ!!」

「おっと、ははっ、これだけ元気なら大丈夫だな。ところで急いでたんじゃないの?遅刻しちゃうぜいちごちゃん♪」

「・・・・・あー、しまったー!」

「はは、じゃなーいちごちゃーん」

そんなこんなあったけど何とか学校には遅れなかったよかったものの何なのよアイツ~#

「新学期初日からサイアクだわっ!」

「どうしたの苺?朝から不機嫌な顔して」

「ちょっと聞いてよ千夏、今日さ・・」

と言いかけた瞬間

『あ~、静かに新学期早々だが今日このクラスに転校生が来るようになった。・・さ、入りたまえ』

ざわつく教室、他の女子が「キャー」と歓喜の声を上げる

え・・・・・!?見覚えのあるブレザーとあの顔はまさに・・・・・

「あーアンタ、今朝のチカン男ー!!」

「!?なんだ、いちごちゃんじゃないか!又会ったな。俺、刻守 尚哉よろしくな!いちごちゃん

ってな具合のテンプレートストーリー、

最初につくったの誰だっ!!!!!!??????

(詳細求む!!!)

|

« SIN | トップページ | アクセスにあくせす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128685/7151011

この記事へのトラックバック一覧です: 鉢合わせの奇跡:

« SIN | トップページ | アクセスにあくせす »